子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

闘う心



もう12月って早いな


マジで年々月日があっという間に過ぎていく


充実してる証拠かな




昨日の練習試合


久しぶりにアスフィーダとやったが


刷り込まれてたな~


明らかに良くなってた


決して手を抜いてたようには感じなかった我が選手たちだったが


正直、あんなにピンチを作られるとは思わなかった


無礼講マンが鍛え続けてんだな~


次はガッツリやってやろうっと


相変わらずあいつの俺に対する無礼講は健在だったが、それがあいつの良さだ


ブルックスの山本さんを紹介したが、初めは無礼講マンがちゃんとしてた(笑)


だから・・・


「山本さん、そいつは最初だけですから、ちゃんとするの」って教えた


すると


「何言ってるすか。俺は広川さんがNO1だと思いますよ(笑)。無礼講は」って


・・・・・。


3人で笑っといた(笑)



ブルックスがわざわざ来てくれた


保護者の方が炊き出しで最高のおもてなしをしてくれた


俺が出来る最高のおもてなしは


「本気で挑む」って事


試合前に想いを伝え、ポイントを整理し、闘魂注入


試合は最後の最後まで体をはるブルックスの堅い守備で最初は点が取れなかった


後半にブルックスが少し足が止まり始めて点が入り始めた


山本さんも熱いコーチング


俺も久しぶりに子ども達の心を叩いた


それなりにうちも刷り込んでいる物がある


叩くと響いてくれたようだ


久しぶりに素晴らしい試合をしてくれたと思う


ブルックスの選手たち


山本さんは「全然ダメや、気持ちが足りない」って言われるが


俺は試合後に真逆の感想だった


あれだけ点差をつけても、誰1人心折れずに戦い続ける


「まだまだじゃ。かかってこい。絶対1点取ってやる」ってのが伝わる


素晴らしい姿勢だ


ちょっと点差が付くと戦意喪失するチームは少なくない


そうなると、点差は開く一方だが、昨日は違った


最後の最後まで全力で食らいついてくるブルックスの選手たち


「敬意を表して絶対に手を抜くな。点を取りに行け、絶対に点をやるな」って選手たちに伝え続けた


もちろん、山本さんが声で選手を鼓舞してたから続いたんだろうが


それでも、素晴らしいと思う


試合後、ダイキは


「楽しかった。バチバチがやっぱり楽しい。ブルックスとかバディとか」って


清々しい笑顔で言ってた


テクニックやフィジカル・戦術も大事だ


でも、1番は闘う気持ち


改めて感じることが出来た


その心を常に持ちながら、色々磨かないとね


山本さん、ブルックスの選手のみんな、ありがとう


また、やれる日を楽しみにしてます





そういえば


先週の金曜日の夕方に


中学の高円宮全国大会の組み合わせが決まった


決まる前は


「また、関東1位とかと当たりそうよね」って言ってたスタッフ陣


夏に関東1位のヴェルディと当たったからね


そして、今回の1回戦は


浦和レッズ


関東1位


またかい(笑)



いいね~


燃えてきたぞい


こりゃ~、闘魂注入せねばな~


俺が行くかな~


でも、静岡だしね~


清水カップの2日目をヒデに任せるかな・・・


気合の移動


静岡⇔大阪を浦和レッズ戦だけ新幹線で行く?


・・・・・、無理かな


チャンスはある


同じ中学3年生だ


あいつらは頑張った


誇れる連中だ


闘う心持って燃えろよ



俺の従兄弟の東京在住のマムちゃんは熱狂的なレッズファン


今回ばかしはソレッソを応援してもらおうかな(笑)

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031