子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

せいじコーチ

頑張れU-17



いま、UAEで開催されているU-17W杯


日本代表は予選全勝でトーナメント進出を決めた


綾のダダン氏も食い入るように観てるらしい(笑)


俺は恥ずかしながら、1試合も観てない・・・


放送がいつか知らなかった


ダダン氏情報だと


ガッツリポゼッションしてショートパスで崩してるみたいだな


世界で日本代表が活躍するって嬉しいね~


ただ、U-17年代から先が勝負だよな~


プロになって活躍するってのが


監督をされている吉武さん


1度、羽田空港から日本サッカー協会までご一緒させていただいた


中3のユウマの選手宣誓の時にリスペクト何とかってので


とにかく、吉武さんは歩くのが速く、ついて行くのが必死だった


何を話したかイマイチ覚えてない(笑)


日本協会が打ち出しているいる


日本が世界で戦うためには、ポゼッションとテクニック、出したら動く、連続する・・・みたいなのは理解してるつもりだ


そのサッカーで選手を固定せずみんな使いながらW杯で勝ち上がっている吉武さんは素晴らしいと思う


ただし、


俺は共感できない部分が多々ある


日本代表のザッケローニがやらせてるサッカーとはだいぶ違う


日本代表の本田や香川、長友なんかはみんな口をそろえて言う


「個が伸びないといけない」と


本田の発言や行動はパフォーマンスが入ってると思うが、


世界で活躍する選手たちは世界で戦うためには個の成長がが必要だと感じている


一方、日本協会のスタンスはチーム戦術で勝負するしかないって感じに思えてならない


どちらも正論だと思う


スーパーな個がチームの為にチーム戦術を徹底できれば強そうだけどな


コンフェデの時のブラジルは実に強かった





指導者ライセンス制度が出来て


小学年代からチーム戦術を落とし込むチームは増えてきたと思う


勉強熱心な若い指導者が増えた


良い事だな


でも、うちは、いいや


小学年代まではほんの少しの約束事で


とにかく、個を伸ばすためにこれからも楽しませよう


本当の楽しさを解ってもらうために、時には厳しくも言わないとね




小学年代の8人制


デカかったり、速かったり、蹴れたりする方が絶対有利だと思う


攻撃しててもミスしたらすぐに自陣ゴール前まで行かれるもんな


今年の6年もそれぞれの個性を最大限に発揮させながらほんの少しの約束事を守ったから全国ベスト4になったと思う


速かったり強かったり、蹴れたりは今まで観てきた中で1番だ


そして、その中で数名が使える技術を発揮しゲームをコントロールしている


基本的に全国の上位にいたチームもみんなそうだ


速いし、デカい


その中にずば抜けたテクニック・センスを持った司令塔みたいなのがいたりする


11人制だったらな~


色々と考えて練るかもしれないが、8人制はガンガン行かせたが絶対いい


「ガンガン行く」ってのがミソで


どう行くの?いつ行くの?ってのが戦術みたいなもんかな(笑)



せっかくなら、U-17代表優勝してくれないかな~


年代別代表に入るステータスみたいなのがグッと上がる


高校選手権真っ只中でチームを離れている選手もたくさんいるだろう


頑張ってもらいたいな




ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ご案内
ソレッソ宮崎ジュニアユース体験練習会
×