子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

せいじコーチ

ありえない



先日からなんか盛り上がってるな~って感じていた


テコンドー協会の問題


今日、気になって新聞読んだり、ネットで見たら


考えられない処分だった


大人の喧嘩で子どもが犠牲になっている



↓以下抜粋


競技団体の内紛が、テコンドーのジュニアの選手たちをも翻弄(ほんろう)している。いったいなぜ、選手たちが出場資格を停止される事態となってしまったのか。
全国大会に出られなくなった西田 亮選手は「今までずっと頑張って、全国を目指して頑張ってきていたので。正直(全国大会に)出たいです」と話した。
テコンドーのジュニア選手たちが、戸惑いの声を上げている。
全国大会に出場する予定だった、熊本県協会所属の小学校から高校までの17人の選手が、突然、出場できない事態となった。
全国大会に出られなくなった森永修斗選手は「めっちゃ、ショックでした。今までの練習の成果が出せないので、嫌です」と話し、山崎 爽選手は「出たいです。(全国大会は)初めてだから、出たいです。せっかく頑張ってきたのにと思いました」と話した。
全国への道が閉ざされたわけは、全日本テコンドー協会内部の対立にあった。
全日本テコンドー協会の長野修士常務理事は「ルールがあります。それを無視した形で、ずっとやっておりました」と話した。
全日本協会は、段位を認定する韓国の国技院に対し、熊本県協会が全日本協会を通さず、独自に昇段申請を繰り返していたことなどを問題視した。
そして、熊本県協会の樋口悦夫会長を除名処分にした。
長野常務理事は「6月29日の総会でも、それは決議し、皆さんの満場一致で、樋口悦夫氏(会長)の個人が除名ということに同意をしました」と話した。
これに対し、熊本県協会側が除名に応じず、話し合いの場にも出てこなかったため、今度は、所属選手の出場資格を停止したという。
このため、トラブルとは全く関係のないジュニア選手たちが、7月28日の全国大会に出場できなくなった。
この処分に、熊本県協会の樋口会長は「まあ、怒り心頭ですね、はっきり申し上げれば。組織のトラブルは、どこでもあると思うんですけど、そこに選手が巻き込まれることは、それは、わたしは許せないですね」と話したうえで、全日本協会側の体制について、以前から改善を訴えてきたことを明かした。
樋口会長は「その背景には、選手選考のあいまいさだとか、例えば、協会の人事の問題とかですね、いろんな問題が積み重なってきて、今回、こういう形になった。ここに至るまでの経緯が長いんですよね」と話した。
シドニーオリンピックの67kg級銅メダリスト・岡本依子さんも、かつて、テコンドー界の内紛に振り回された選手の1人。
2004年、テコンドーの競技団体が分裂していることで、アテネオリンピック出場が危ぶまれ、当時の小泉首相がコメントする事態に発展した。
結局、岡本さんは、特例措置により、個人資格でアテネオリンピックに出場した。
こうしたことから、選手本位の団体を作ろうと発足したのが、今回問題が起きている全日本テコンドー協会。
この協会内の対立に、解決への道はあるのか。
樋口会長は「『お前は除名だ。お前のところの選手は出さない』。この体質が問題じゃないかなと? やっぱりもう、時代は変わっているので」と話した。
9日、全日本テコンドー協会の金原 昇会長は「われわれは、選手1人ひとりの権益を守るために、最善の策をやってきているわけです。にもかかわらず、現地の熊本県協会が、その選手の出場を邪魔しているっていうんですかね、そこをよく理解してほしいですね」と話した。
今回、ジュニア選手の1人が、日本スポーツ仲裁機構に仲裁を申し立て、受理された。
全日本協会によると、仲裁機構から、12日までに答弁書を求められているという。
仲裁を申し立てた西田選手は「僕たちには関係ないと言ったら、あれなんですけど、試合に出ることが第一なので、全国に向かって、頑張って練習をしていきたいと思います」と話した。




考えられない・・・


俺はテコンドーを知らない


でも、子どもとスポーツに関わる人間としておかしいと思う


熊本県協会の対応がまずかったと日本協会側は言ってるようだが


仮に熊本協会の行動がまずかったとしても


なぜ?そんな処分を出すんだ?


最低だ


熊本県協会側も非があるなら非を認め


日本協会がひかないなら、子ども達を守るために幹部総辞職くらいやれよっても思うし・・・




夢を追い努力してきた子ども達の傷は考えないのか?


現に熊本から全国大会へ向け頑張れよって


横断幕を掲げ役場に張り出していた地区では


「出れないなら外せ」と心無い電話などで外されたようだ


大人のくだらない喧嘩で


子どもの心を傷つけちゃいかん

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ご案内
PDFダウンロード
×