子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

せいじコーチ

もういい

連日、報道されている体罰問題


ちょっともういいかな・・・って感じている


体罰はいけない


それは誰でもわかってるだろうよ


パワハラもいけない


それもわかってるだろうよ


ただ・・・


しつけや鍛えるってのは必要なんじゃないのかな?


県内のすべての学校で調査を開始すると昨日報道であった


絶対にでてくるだろう


トップの人たちは是非、背景や事情、頻度まで考慮してほしい



日常的な体罰やパワハラなのか?


先生が本気で子どもの事を思い心に響かせるための1回きりの演技なのか?




「僕らのころは当たり前でしたが・・・」ってコメンテーターが言ってるが


俺には日常的な体罰なんてものは当たり前にはなかった


俺も何人もの先生方に叩かれた経験がある


その時は


「なんで打たれなんとや?」って思ったが


今思うと、俺が悪かったことの方が多い


校則を破った制服きたり、整髪料つけたり・・・


若かったな~


また、サッカーのプレー中でも同様に叩かれた事もある


消極的でチームの約束事をやぶったからかな?


サッカー時のビンタは理不尽だったが(笑)


悪い事は悪いって教えてもらった気がする


今でも尊敬できる恩師だ


打たれたことも親に言った事ない


だって日常的に打たれてなかったし


俺にも非があったから


言ったら倍以上、パワフル母ちゃんに怒られるのわかってたから・・





あまり先生方に窮屈な事はしないがいいと思う


異常で未熟なごく少数の先生の理解に苦しむ行動で


素晴らしく情熱ある先生方まで生き方・接し方を制限するようなルールは出すべきではない


慎重に調査を行い「日常的な体罰、パワハラ」を裁くべきだ


パワハラってのはまた難しいな~


スポーツの世界で


強化期間に愛情を注ぎ演じながら厳しく鍛えてるのがパワハラってなったら世も末だな


まあ子ども達と信頼関係があれば大丈夫なんだろうが



TVで良く海外と比較するが


今までの歴史や文化が違うから意味がないと思う


戦争を経験した被爆国だ


欧米なんかとはちがうだろう


なんでもかんでも真似すりゃいいってもんじゃない


柔道界の今回の件はお家芸の歴史がそうさせたんだと思う


反省し先進するための変化は必要だ


日本オリジナルを作ってもらいたい



海外では


「選手とコーチは対等」っていうが


日本でも


代表クラスになればサッカーでもそうだろうが


育成段階でそれはない


子ども達の意思・意見は聞くが教えてあげるのが指導者だ




「子どもは失敗する生き物」だと俺は思う


時にはゲンコツや理不尽は必要だと思うんだけどな~



子どもや保護者の顔色うかがったり、コビうったりし始めたら終わりだ


今後の日本を背負っていく子ども達の為にも、絶対やったらダメだ





日常的な体罰やパワハラはとても肯定できないが


ちょっとメディアが取り上げすぎだと思う


知恵のある中学生・高校生くらいは学校で勘違いしないか心配だな



まあ俺は俺らしくこれからも楽しく・熱く、時にはピエロにまた、時には鬼になる



本気で向き合えば伝わると思うんだけどな



スポーツ界で多く取り上げられてる最近のニュース


競技スポーツをやってる以上、色んな事は覚悟のうえだ


勝ち・負け、チーム内競争、怪我、時間の拘束・・・などなど


でも、スポーツの醍醐味って人間形成なんじゃないのかな?


いろんな経験していろんな気持ちを味わうことで


強さや優しさ、人間関係を覚えるもんだと思う



もちろん、スポーツ以外でも学校なんかでも学べるけどね




連日の数人の行き過ぎた行動をとった未熟な先生や指導者のせいで


スポーツや部活動を勘違いする子どもや保護者が日本中に増えたら誰が責任取るんだろうか?


「日常的なのか?」


ここが大事な気がする


ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031