子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

意地



10日くらい前だったか

練習中に接触プレーで痛めた選手がいた

その場面も見ていたが、そんなに激しいプレーでは無かった

だが、膝の痛みが強かったようで病院へ

オスグット(成長痛)からきている痛みかもしれないし、度重なる接触プレーで痛みがでているとの診断

実際、痛そうにしていた

だが、その選手は休まなかった

『サッカーしたい』『休んだら試合に出られなくなる』


基本的に6年生になれば『セルフジャッジ』させている

出来るならやれ。言い訳は無しだ。出来ないなら休め。自分で決めろ。

厳しいように聞こえるかもしれないが

休んでも責める事はしない

その子にとっての『サッカーLOVE』が見える瞬間だと思う

怪我して病院に行き、全治何週間と言われてお母さんに八つ当たりしていたサッカー小僧も6年にはいる

何で俺がサッカーできないんだ?って

逆ギレもいいところだ(^o^)






今回のユウダイのケガ

結構、ひどそうなのは感じていた

火曜日の練習時に

『お前、練習辞めて見学しろ。その足じゃ無理だ』って言ったら

『大丈夫です。』その時はすでに涙目

痛さってより悔しさだと思う

『やるなら言い訳は無しだ。出来るのか?』いつも通りの発言の俺


アドレナリンやモチベーションでどうにか乗り切ったが悲鳴をあげた膝



今日、病院で言われた事を確認

明日は強制的に宮崎には連れていかない事にした。

『腹ペコライオンの前に生肉ぶら下げる状態』になりそうだから( ̄ー ̄)

弟ツバサの大会について行き、『お兄ちゃんコーチ』として頑張ってもらおう

意味が分かっていないタケルは

『よっしゃー、ユウダイ来るヾ(@⌒ー⌒@)ノ』



ただでさえ痩せっぽちで細い足

痛めて

生まれたての子鹿のような膝では戦えない


すぐに痛いって言う選手も多いが、我慢しすぎもダメだ


学校でやっているらしいお遊びサッカーもしばらくは禁止


監視員がたくさんいるから大丈夫だろう( ̄▽ ̄)


休む事は勇気がいるだろう


意地張りすぎるな


何がなんでもってやってたの理解している



怖がらずしっかり治すべきだ








ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ


    Fatal error: Allowed memory size of 209715200 bytes exhausted (tried to allocate 20480 bytes) in /home/sorrisok/sorriso-kumamoto.com/public_html/wp/wp-includes/taxonomy.php on line 3738