子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

トレセン



今日はモデル地区トレセンの日


1番嫌いな「選考」をしないといけない役割


6年も5年も約半数に絞る事になる


今の参加者、スペースやスタッフの数では「質」に問題がある


仕方がないか・・


今年の熊本市モデル地区トレセンは年間約1000円ほどで人工芝で練習できる


日本協会から補助金が出て、不足分を参加者から徴収する


スタッフはボランティアだ


数チームから若手指導者が勉強の為に参加している


だが、みんな「自チーム」を運営・指導している


気持ちがあっても参加できない指導者も多いだろう


「休みを利用して参加」している指導者もいる


どうにかこうにかやれているのが「事実」


ちょっと無理が出始めてるな


参加選手はみんな「一生懸命」


だから、応えているつもりだ・・


上手い方法を考える時期かもしれないな・・・



今日、県トレセンのチーフに電話した


毎年、全日優勝チームは県トレ夏の恒例「埼玉国際大会」を免除してもらっている


今週末、県トレの練習会が予定されている


埼玉国際の選手選考会だと思っていたので、


「埼玉国際には選手出さないで良いですか?週末の県トレは出したが良いですか?」って聞いてみたら


「埼玉には選出しないから、全国大会頑張ってね。でも、選手は必ず練習に参加させて。8月末にある県内で16人を沖縄に連れて行くから。沖縄で良かったら上に(ナショナルトレセン)つながるから」って


「わかりました」って答えた



県トレセンでの県外遠征


結局は参加者が旅費を支払って成り立っている


沖縄の子は毎回、飛行機代を支払っての参加かもしれないので、


「沖縄で開催するなよ」って言いにくい・・


日本協会がナショナルトレセンでは補助金出しているんで


県協会で出せないのかな・・


4種(ジュニア)から出すのは無理


携わっているから何となくだが分かっているつもりだ


でも、全体でまかなうは出来そうな気がする


小学生・中学生・国体とそれぞれのカテゴリーでいる県の代表選手が遠征に出るときくらい


なんか出せないのかな・・


全額は無理だろうが何割くらいは


出せそうな気がする・・・


無駄を省けばきっと出せるはずだ




ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930