子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

守備



県大会で何チームからか言われた


「いや~、プレッシャー早かった」って


俺は「遅い」と感じていた


プレッシャー

ハイプレッシャー

鬼プレッシャー


俺が創った3段階



フリーで敵がいない中なら「扱える」選手は多い


もちろん「扱える」事はサッカー選手として不可欠な要素


ただ、それを発揮するのは「試合」だ


それも「公式戦」


練習中にどのような環境を作ってやるのかが指導者の役割


フリーで出来るようになったら


プレッシャーの中で出来るように


また、次はハイプレッシャー→鬼プレッシャーの中で扱えるようにならないとな


逆に「守備」は


奪いに行って逃げられたら、まだまだ「遅い」「タイミングが悪い」「弱い」「読みが甘い」など追求すればキリがない


「チームで守備しろ」


俺がよく使う言葉


前が鬼の形相で追えば後ろは狙いやすい


前がお姫様みたいにはがされれば、後ろは対応に困る


決勝でも1回だけだがあった


本タケが相手DFにはがされ進入された場面が


ちょっとヒヤッとした


8人制でコートが狭い


前の選手がはがされると一気にピンチになる


「ボールを動かし、サイドに起点」も大事だが


「チームで鬼プレスをかける」もみがかないといけないな




正直、守備より攻撃しときたい


マイボールを大事にして、ビルドアップやサイドチェンジ繰り返しその中でドリブル・・


理想だ


でも、現実はそんな甘くないもんな


チームで鬼プレスをかけるアグレッシブな守備を徹底しないとな


相手がボールを持ってる時は


「宝物を盗まれた~、返せこのヤロー」みたいなノリで


チームでやれよ


みんながダイキではだめ


犬がボール追っかけてるようにしか見えない(笑)


でも、あれはダイキにしか出来ない才能だと思う


チームとして「狙い」・「予測」も必要だ

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031