子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

せいじコーチ

指導教官



木曜日は参加人数とスタッフ数の関係で

 

 

 

コウセイと前田の練習を監視

 

 

 

練習メニューやその狙い、TRの構築から子供達の汗の量、表情など

 

 

 

簡単に言うと、すべてを観てる

 

 

 

2人はたまらんだろうな、笑笑

 

 

 

でもね、成長させるためにしないとね

 

 

 

昨日で言えば、

 

 

 

コウセイは一生懸命「体の向き」って連呼してた

 

 

 

よく使う指導用語ではある

 

 

 

ただ、その練習のそのタイミングでなんで体の向きっていうのかわからなかったんで

 

 

 

練習の合間に呼んで

 

 

 

聞いてみたら

 

 

「左右どちらにも蹴れるように、、、」って

 

 

 

なるほど。だったらかける言葉は「ボールの置き所」じゃないとわかんないぞ

 

 

 

ってな感じ

 

 

 

ただでさえ、低すぎる声なんでね、笑

 

 

 

一生懸命やっているとは思うが、お前のサッカー感などいらん。

 

 

 

って、肯定してガッツリ本音を与えといた、笑

 

 

 

 

前田も普段俺が見てる6年生中心の指導

 

 

 

まあ、前田は経験もあるしね、、

 

 

 

ただ、あいつは今までセレクトされた能力高いセンバツの子毎年15名程度しか見たことない

 

 

 

やる練習もごく一般的な普通な感じ

 

 

 

そこを否定する気はないが

 

 

 

昨日は前田もしっくり来てなかった

 

 

 

「なんでですかね?」って聞いてきたから

 

 

 

そこで、俺は、ハッキリと

 

 

 

「今日のメニューは必死に頑張らなくてもなんとなく出来てるように感じる設定だったからだろ。コートサイズ、人数とかあれじゃ手を抜いてもやられない。必死にやらないと成立しないメニューを作らないとな」

 

 

 

「あっ、必死にやるってのは体力的にはもちろんだけど、頭の中を汗だくにしないとダメなんばい、こいつらは」

 

 

 

「Q&Aを繰り返し、肯定・否定をハッキリ伝え言葉のチョイスを考えながらも楽しくやる」

 

 

 

前田への注文は当然高い。

 

 

 

サッカーに正解はないが、ソレッソってのはなんだかんだでそうやって全スタッフがその子達と向き合ってる

 

 

 

前田もきっとそうなると思う

 

 

 

 

熱さあるからね

 

 

 

馬鹿をやる能力がまだ足りないな

 

 

 

モノマネから始めさせようかな、、、

 

 

 

ルパン三世か平泉成あたりだったらハードル低いだろうから、笑

 

 

 

 

明日からはもう1人デッチが来る

 

 

 

リョウへの注文は当然えげつない、笑

 

 

 

色々と気が利くし声もよく出し爽やかさもあるが、

 

 

 

俺はあいつのすべてを知ってる、笑

 

 

 

ダメだったら嫌がらせで弁当の中身をゴーヤにしてやろう、笑

 

 

 

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ご案内
PDFダウンロード
×