子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

せいじコーチ

やるしかない




昨日、セレクションの合否を伝えた













数年前からセレクション方式に変えた













多くなりすぎたら見きれないから













見きれないって事は育てれない可能性が高い、、、だから、入団させても子供に失礼













って事で













これまでは、正直言ってソレッソジュニア出身者は全員合格させていた













出来レースのセレクションだった













だって、思い入れあるもん













そんなのセレクションじゃないって感じかもしれないが、それが俺でありソレッソ













ただ、今年はジュニアが過去最高の在籍、多くの子が中学でも希望し、他チームからの申し込みも過去最高













嬉しい悩みだが、めっちゃ困ったのが事実













例年通りジュニア出身者を全員あげればセレクションは不必要













さて、どーする、、、













ってなった時に













セレクションするって決めた













俺の不甲斐なさか、力の無さなのか、、中学をジュニア出身者だけでやっても九州リーグでは闘えないと判断した













上手くしてやれなかったな。













セレクションやると決めても、













心は微妙。。













そこから、どーにかジュニア出身者を救えないか検討しスタッフと想いを共有し、見てあげれる環境を準備して













B合格ってのを作った













これが正解かどうかは3年後送り出す時しかわかんない













セレクションって事でズバッと現時点での力で決断するのが正しかったのかもしれない













ジュニア出身者の中にも初めて複数人の不合格を通達













性格的にキツいな、俺には、不合格出すって













サッカー上手い、チームが強いより、サッカーが好きでソレッソが好きってのがやっぱり嬉しい













そんな子達を断るのは簡単ではなかった













ただね、













もう、前へ向かって力強くやるしかない













A合格、B合格、不合格。













現時点でどうだったかそれぞれだけど、全ての子に言える事は「頑張るしかない」って事













参加した子はわかったと思うが、他チームめっちゃ魅力的な子達がたくさん入団してくる













もうね、ジュニア時代どこ所属とかはまったく関係ない













純粋に競争の開始













自チームの中学に上がらずソレッソを選んだ子や遠方からソレッソを選んだ子の並々ならぬ決意も感じるし













少しはソレッソってブランドっぽくなってきたかなって嬉しくも感じる













選手を愛し選手から愛され、預けてよかったと思われる最高のチームを目指してやってこ

























そんな事を考えながら、昨夜宮崎から帰ってたら、













まあまあやばかった、、









人吉-八代通行止めで下道で行ったら













トラック多すぎて、ノロノロ亀さん運転













なんか、最近運転し過ぎだな。













1週間で宮崎3回、鹿児島2回、、、













車じゃなく馬だったら死んでると思う


ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ご案内
PDFダウンロード
×