子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

せいじコーチ

銀河系チームを

どうやら、本当に来るみたい

 

 

イニエスタ

 

 

楽天マジで凄い

 

 

夢があるね

 

 

ポドルスキを獲得した時も凄かったが、今回はその上を行く衝撃

 

 

三木谷さんって強烈なんだろうな、、

 

 

ただ、ヴィッセルはすでに外国人枠が埋まってると思ってた

 

 

韓国代表のGKキム・スンギュン、チョン・ウヨン

 

タイ代表のティーラトン

 

ポドルスキにレアンドロ、ウェリントン、、

 

日本人だがハーフナーマイクもいる(笑)

 

 

カタカナいっぱい

 

 

どうすんのかなって思ってたら

 

 

 

興味ある記事を発見

 

以下抜粋↓

 

 

Jリーグは現在、外国人枠3人+アジア枠1人+アジア中心のリーグ提携枠1人の、1試合最大5人の外国籍選手がプレーできる。グローバル化やリーグ全体のレベルアップを図り、昨年末から外国人枠撤廃を検討してきたが、日本人選手の出場機会が減る可能性があることなどがネックとなり、協議のピッチは上がらず停滞していた。 しかし、イニエスタの神戸加入で風向きが急に変わった。今夏、神戸はスペイン代表MFイニエスタ獲得に成功した。チーム力向上とともにホーム観客増員、さらに対戦チームの入場者数にも好影響を及ぼす可能性がある。サッカー少年少女が、まだ全盛期を過ぎていない世界的なスーパースターを生で見ることもできるなど、リーグ全体の活性化や日本サッカー界に及ぼす影響は大きい。

しかし、すでに神戸は外国籍選手枠が埋まっていることから、現行制度では現所属の外国人選手の1人は試合に出られない。場合によっては、イニエスタに押し出された形で、主力級の外国籍選手を他のクラブに放出する可能性もある。大きな資金を投資し、リーグ全体の底上げに貢献しながら、不利益を受ける可能性があるのは事実だ。

今夏からの急な制度変更は事実上難しい。今後は半年かけてシミュレーションし、協議を重ねて来季開幕からの実施になりそうだ。外国籍枠を完全撤廃するか、それとも1試合に出場できる外国人選手の数を、現行最大5人から増やすかを含めて検討していく。場合によっては近い将来の完全撤廃に向け、段階的な撤廃案でまとまる可能性もある。

 

 

 

 

ルール事、変えそうなスーパースターのイニエスタ

 

 

こうなれば、1チームくらい、本気の銀河系チームを作ってもらいたいな

 

 

オール外国人

 

 

楽天にめっちゃ期待してる

 

 

この勢いで、世界的に有名な選手を是非いっぱい引っ張ってきてほしい

 

 

バルサの後はみんなヴィッセルへみたいな風潮になればね

 

 

数年後、ポドルスキ・メッシ・スアレスの3トップだったら・・・なーんてね(笑)

 

 

それに対抗してガンバやセレッソの関西圏が、ヴィッセルがバルサなら、うちはレアルの選手を~みたいなノリになるのも期待してる

 

 

 

 

って書きながらも、、

 

 

日本人のプロの若手選手やプロを目指す子達にとってはまあまあ衝撃なニュースだろうな

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930