子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

アバター画像

勉強



 

 

 

 

 

今日も前田パイセンは関西に行かれてるということで、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

第2の事務所であるスタバへ。笑

 

 

 

 

 

 

 

今日もキラキラ輝いてる野田さんに応援されながらお仕事♡笑笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分で企画したんだが、チャンピオンシップの次に立て続けに主催の大会の準備をピッピッピーと取り組み、

 

 

 

 

確保できないグラウンドにまたモヤモヤし、、

 

 

 

 

 

 

 

今日中には解決出来なさそうなことが溜まったので、ここぞとばかりにサッカーのお勉強

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

バルセロナでまたも若手がブレイクしてるという。しかもセンターバック。

 

 

 

 

 

17歳でチャンピオンズリーグにスタメン出場し、その試合のマンオブザマッチに選ばれた将来性のある選手の記事だった。

 

 

 

 

 

 

 

フル動画で前半を観たが、ビハインドの取り方や観てるところ、守備の対応・強さ、ビルドアップ

 

 

 

 

まさに求めたいセンターバックというスタイルだった。

 

 

 

 

 

しかも17歳でめちゃゴツいし。。。

 

 

 

 

 

 

 

U16の年代別監督の森山さんのも言ってたらしいが、17歳でユースのAチーム・そしてトップチームにも絡んでいかないといけない

 

 

 

 

 

というボーダーライン

 

 

 

 

 

 

物凄く高いと思う。。

 

 

 

 

 

 

 

それを海外の選手は体格の影響もあるんだろうが、やってのけるのはまさにプロ。

 

 

 

 

今後も追いかけていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

前一つの記事は

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

関西の俺と同年代では知らない人はいない

 

 

 

 

関西学院大学出身の山本悠樹

 

 

 

 

 

 

この記事を見て大学の頃に上手かった理由、そして今もプロで活躍する理由に納得したが、

 

 

 

大学時代はAチームの試合を全部分析し、戦術を立ててミーティングしてたらしい。

 

 

 

 

 

 

そしてもう1つ驚いたのは、それを俺もBチームだったが、自分で分析してミーティングしてた。

 

 

 

 

 

本当に大袈裟ではないが同じことを山本悠樹も言ってて、この大学の分析をするようになってからは更にだけど、試合中に相手が観れるようになり、

 

 

 

今どこのポジションの誰がプレッシャーに来てるかまで観れるようになった。

 

 

 

 

プラス

 

 

 

相手のイヤなスペース

 

 

 

背中のスペース

 

 

 

マークとマークの間のスペース

 

 

 

 

頭の中で何となく相手の場所が把握できてる状態から、色々なことを試合中に観れるようになった。

 

 

 

 

 

 

 

相手を知る

 

 

 

 

そして試合中に活かす

 

 

 

 

 

 

 

すごく、俺からしたら共感できる記事だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

フットボリスタ

 

 

 

 

 

 

 

毎日1記事読む習慣をつけようかな。

 

 

 

 

 

 

 

おかげで今日は試合を3試合観る集中力が保てた。

 

 

 

 

 

 

指導者も日々アップデート!

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事