子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

アバター画像

新人戦とTRM



 

 

 

 

 

今日は朝からまず、北浦で新人戦の帯同

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

チャンスもあったし、シュートチャンスは倍くらいにあったが、子どもたちが打てなかったということは、きっと相手である油津の子たちの

 

 

 

ファイティングポーズが邪魔をしたんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのガードを崩せることなく0-0

 

 

 

 

 

 

PKで0-2

 

 

 

 

 

 

2週間に渡っての短い期間の体動だったが、この期間だけでも前田コーチが言ってたように、子どもたちは成長したと思うし、

 

 

 

何より感動を保護者と俺らスタッフには間違いなく届いた!

 

 

 

 

 

 

 

だから最後の涙も本物なんだろう。

 

 

 

 

 

 

それでもあのガードを崩さなかったのは、やはり1人1人の個の技量が足りなかったと思うし、どんなグラウンド状況であろうとしっかり

 

 

 

止める・蹴る・運ぶ

 

 

 

 

の基礎をもっともっと強烈に上げていがないと、クオリティ上げて崩すことはできない、と教えてくれた大会だと思う。

 

 

 

 

 

 

この課題を拾い忘れることなく、そして収穫したものは捨てることなく、ラストイヤーを持ち前の笑顔で明るく駆け抜けてほしいな⭐︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんでほんで〜

 

 

 

 

 

 

 

飛んでトレーニングマッチはin野尻

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

ナショトレ組は来週は不在ということで、どうしてもトレーニングマッチがしたかった。。

 

 

 

 

 

ということで、ハードワークで野尻へ笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつものレタドール♡と南とアスラン笑

 

 

 

 

 

 

 

レタドール戦は特にだけど、やはり相手の1人1人の強度と技量が上がった中でのミスや奪った後に失うのが早かったりと、、

 

 

 

どうしてもミスに目が向きがちだったおれ…

 

 

 

 

 

 

毎日観てる子たちでどのくらいできるようになったのか、微力の変化に気づけないこともあり、でも子どもたちなりには少しずつ成長してて、それが今回のボスの評価に現れてたのかな。

 

 

 

確かに堂々とハツラツと子どもたちもプレーしてくれてたところもあったし、自分たちの得点パターンや関係性が深く築けてるような気もした。

 

 

 

 

それなのに公式戦期間で頭が集中モードで力入ってんのか、移動や連日の筋トレや走りで疲れてんのか知らないが、ちょっと考えすぎてたのかもしれない…。

 

 

 

 

 

 

明日は昼まで爆睡でもかまそうかな。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

客観的な評価は大変有り難く、気づかないところも、こうして気づくことができる。

 

 

 

し、ふと我に戻ることもできる。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、涼コーチ、気合い入りすぎですばい。。笑

 

 

 

 

もっともっと良いところに目を向けれたなぁと終わってみて反省…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、平日から強度上げるトレーニングをしてたせいか不運だったのか、怪我人も…。

 

 

 

 

 

 

でもその子はここ2週間、ものすごいモチベーション高くトレーニングに取り組んでくれてて、そして今年度で1番と言っていいくらい状態も良さそうで、体のキレも抜群だった。

 

 

 

 

 

だから今大会はけっこう楽しみだなぁと思ってたし、個人的にも楽しみにしてただろう…

 

 

 

 

 

 

 

申し訳ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉報を待つのみ。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで最後の最後まで、総力戦になりそうな今年度

 

 

 

 

 

いろんなパターン・組み合わせ・バリエーション・シチュエーション

 

 

 

 

 

サッカー頭をフルに活かしていく、指導者の醍醐味の仕事ができた!!

 

 

 

 

 

そして周りの子たちもチャンスがあるし、自分もこういうパターンで出るかもしれないという準備をしてもらいたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後の最後まで神様から試練を与えていただける6年生たち、笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一緒に立ち向かってこや〜!!!!!!

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事