子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

アバター画像

トレーニングマッチ



 

 

 

今日は4.5.6年総出でトレーニングマッチ

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

ひとよしFCさんと!

 

 

 

 

 

 

 

トレセンで何名か居ない中でのトレーニングマッチとはなったが求めることは変わらず、

 

 

 

 

 

今週意識して取り組んでたこと

 

 

 

 

そして暑い中でもタフにプレーすること

 

 

 

 

を意識させての試合

 

 

 

 

 

 

求めたいことが子どもたちの中でもしっかり落とし込んでくれてて、何度も良いシーンやトレーニングしたことからの良いシーンが出てくるようにもなった。

 

 

 

 

 

 

いつ、どんな相手であっても、プレー出来ると良いが。

 

 

 

 

 

 

まぁ子どもたちももちろん、そこを見据えながらトライしてくれてたなら良いが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は4.5.6年総出ということで、先日にトレセンで何名か居ない時に6年生は紅白戦で5年生に負けてたから

 

 

 

それのリベンジマッチと思って、1試合紅白戦を組んでみた。

 

 

 

 

 

 

前半

 

 

 

 

完全に個にやられ0-2

 

 

 

 

 

後半

 

 

 

またもや良い形から2人に崩され0-3

 

 

 

 

 

 

 

 

またやられるかな〜

 

 

 

 

 

 

 

と終始黙って見守ってたが、ラスト8分から意地を見せ始めた6年

 

 

 

 

 

 

追いつき3-3

 

 

 

 

 

 

 

内緒で18分ハーフでやってたゲームに、

 

 

ラスト10分のVゴールを追加して試合続行。笑笑

 

 

 

 

 

 

2分後くらいにシュートのこぼれ球を押し込んだ

 

 

 

 

加藤ゥーーーーーーーース!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

そのままピッピッピ〜

 

 

 

 

 

 

 

なかなか白熱した紅白戦で、終わった瞬間

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

ど真ん中で悔しくて号泣する熱漢くん笑笑

 

 

 

 

 

 

 

なんかそんな熱いゲームできて良いな〜

 

 

 

 

って心から思った…

 

 

 

 

 

 

 

紅白戦こそ、下の学年の子は上の学年のポジションや立場を逆転するにはうってつけのタイミングだし、

 

 

 

メラメラ燃えるゲームであると思ってる。

 

 

 

 

 

 

そしてそれを跳ね返しまくるのが上の学年の子たちで、その狭間で凌ぎ合うのが紅白戦の良さ。

 

 

 

 

 

 

 

号泣君もこんだけ悔しさを全面に出せるのは魅力だと思う。

 

 

 

 

 

意外と感情を表に出さない子は多い気がする。

 

 

 

 

 

別にそれが悪いわけじゃないが、想ったこと・感じたことを素直に表現するのはサッカーでも必要で、

 

 

 

特にスピード感や緊張感が高いゲームではそれを瞬時に行なっていかないといけない。

 

 

 

 

 

だし、サッカーは「感情」のスポーツだと思うからね!!!

 

 

 

 

 

 

この悔しさをまた、トレーニングや試合で全面にぶつけてほしいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感情剥き出し…

 

 

 

 

 

 

 

どこの誰コーチに似たことか…( ̄▽ ̄;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は熊本中学の試合を勉強しに観戦と、

 

 

甲佐のお手伝いができればな…

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事