子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

アバター画像

最終日



 

 

 

 

今日は西日本、そして世間のゴールデンウィーク最終日

 

 

 

 

 

vsアビスパ福岡

 

 

 

 

 

 

 

先日もトレーニングマッチをさせていただいたこともあって、何となくだけどどんな感じかは掴んでのスタート

 

 

 

 

 

 

だったが、、

 

 

 

 

 

 

さっそく帰って風呂浸かりながら映像を観たが、意外とビルドアップが安定するのに時間がかかって

 

 

 

 

ほぼ自分たちのミスからピンチにならなくてもよかった場面でピンチを作ってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

それでも10分くらいで安定してきて、守備の受け渡し、攻撃の関係性も精度も少し上がってきてシュートまで迫る回数が増えた。

 

 

 

 

 

 

アタッカーも「発揮」しようと自分で仕掛けて行ったり、グループで崩しに行こうとする場面からシュートの形まで持って行けた。

 

 

 

 

 

 

 

後半は何度か抜け出された場面もあったが、教えたことなかったが、リョウガのプロフェッショナルファールもあり笑

 

 

 

 

0で抑えることが出来てた。

 

 

 

 

 

 

 

攻撃も相手が形を変えてくれなかったこともあって前半同様のファーストラインの超え方、関係性で相手ゴールに迫れてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

がしかし、ここからが課題で、

 

 

 

力みすぎてゴールの枠に飛ばなかったり、落とせば良いところを相手の食いつき方、スペース、味方を観れてなくてタームしてしまったり、

 

 

 

パスの精度が少し長かったり、シュートもコースに打てば良いところを振り切って相手に当ててしまったり、、、

 

 

 

 

 

 

 

映像観れば全て丸裸で分かる。

 

 

 

 

 

なぜ点が取れなかったのか

 

 

 

 

 

どうすればスムーズだったのか

 

 

 

 

 

どのくらいのスピードなら良かったのか

 

 

 

 

 

 

付ける足は的確だったのか

 

 

 

 

 

 

しっかりとそれぞれで振り返ってほしい。

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ伸びしろだらけってことも分かるはず!

 

 

 

 

 

 

 

惜しくも出れなかった子も次の鹿児島戦では、バッチバチに行く姿勢も観られたし

 

 

 

 

点を取る!

 

 

 

 

試合に出る!

 

 

 

 

アピールする!

 

 

 

 

 

 

 

色んな気持ちが垣間見れた試合だった。

 

 

 

 

 

 

 

帯同出来なかった子たちも、前田コーチからの報告も受けた。

 

 

 

 

 

 

それぞれの場所でそれぞれの立場で戦ってた1日だったんではないだろうか。

 

 

 

 

 

でもやはりそれだけではダメっていうことも感じた1日だったんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

判断・技術・決定力・駆け引き・止める・蹴る・はがす・個人戦術

 

 

 

 

 

 

 

 

「サッカー」をもっともっと上手くならないとな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また次のトレーニングからも全員で競争していこう!

 

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事