子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

プロの言葉












ついに宮崎にもコロナの猛威が。

















クラブユースは無観客での開催が決定。













子どもとそうだけど、それと一緒くらいに保護者も楽しみにしてらっしゃった。

















心苦しいが、子どもたちの試合する機会が無くならなかっただけでも、不幸中の幸いかと。

















しかし、リーグはまだどうなるかわからないな。

















まぁ考えてても一緒だから、今できることをやろう。

















ということで、戸田和幸さんのYouTube観たり、乾貴士選手の対談を観たりと勉強しよかなと。

















乾選手が言ってた言葉が印象的だった。

















「試合中を想定して、トップスピードの中で細かく触る練習をしてた」













「左サイドからかわすイメージでドリブル練習をしてた」





















プロの選手の言葉には、どんな凄技よりも刺さるものがある。

















そしてそこには常に意識があり、イメージがあるなと。

















何を意識して、何をイメージするのか。

















それを考え、取り組むだけでより濃いトレーニングになる。

















そして指導者としても、そういった人たちが出てるYouTubeには













指導する上での、多くのヒントも転がってるなと改めて気づくことも出来た。

















コロナでまた普段のトレーニングが出来なくなるだろう。













そうした時に子どもたちは意識して、イメージして練習に取り組んでほしいし、













俺も指導者として自ら学ぶ時間が出来ると、プラスに捉えようと思う。

















そしてまたコロナが収まり、再開した時にさらにレベルアップした自分とチームになれるよう、備えるようにしたい。

























うん、今後に向けて実に前向きだ。笑笑

















明日、しっかり良い準備して本番迎えよう!


ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31