子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

燃えるしかない




週末に参加させていただいた、南日本新聞杯は決勝トーナメント1回戦敗退。





試合でいえば、なんとなく勝つだろうって感じでヌルく入り、逆転できるだろうって感じで時間が過ぎていった感じ。





そして試合終了!





誰が声をだすわけもなく、誰がハードワークするわけもなく、誰が全力で勝利を目指してるわけもなく。





やってて応援されるチームって感じはゼロだった。





相手に能力負けするなら、1人じゃなく2人で取りにいけばいいんじゃないのか?





それも伝えて、ちぎられるのは予測が甘いんじゃないのか?





点を取りに行く時に、周りは繋がっていたか?





仲間を助ける為に、顔をだせていたか?





内容は色々あげればキリがないが、1番は心の部分、気の持ちようじゃないか?





1ヶ月担当が変わって感じてるのは、けして強いチームではないって事。





何かを勘違いしてる感じが凄いする。





そんなあまい世界ではないと思うけどな。





でも意識が変わって、1人1人が本気で目指せば可能性も無限にあるチームだと思う!





子供達、保護者に話しをして食の部分でも変化はあったが、20人中6人ぐらい?





その6人で優勝を目指すの?





絶対違うと思う。





1人1人が意識を変えて取り組まないといけないだろ!





中学サッカーは後1年ぐらいしかない。





今のままで、中学サッカーやりきったって胸を張っていえるかな。





頑張ることが、恥ずかしいとか思う年頃かもしれない。





でも頑張る事、一緒懸命汗を流してる事、





勝利を目指して泥くさく走りまくってる事は、めちゃくちゃ格好いい事だと思う。





そんな選手、そんなチームであるべきだと思う。





クラブユース前に、子供達も自分もかわれるキッカケをもらえた。





やるしかね〜!





燃えるしかね〜!





今を全力でやるべきだ!


ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031