子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

みすみコーチ

バロメーター



駐車場や倉庫付近の草の生え方が酷かったんで、一人で作業しようと思ってたら、

 

ビルダー見習いが、草刈りの見習いをしたいと言うもんで、一緒に作業。



来んでいいと言ったのに、来るから可愛いくて仕方ない(笑)

 

作業を終えて、昼飯を食べに行こうとしてたら、しげちゃんからラブコール。

 

仲良く3人で丸源へ。

 



今日のしげちゃんは、肉そば+炒飯増量+餃子のフルコース。

 

涼情報によると、昨日はしげきとヒデと3人でお好み焼き屋へ。

 

二人とも大盛りをペロリともの凄いスピードで食べたらしく、

 

やっぱあの二人凄いです!って軽くディスってた。

 

今週の練習は、週末の反省を生かし、ゴールを早めに設置して、

 

シュートシーンが多く出るような練習をしてる。

 

けっこう外しまくったからね。。。

 

原因は、単純にシュート技術の問題もあると思うが、そこだけじゃないとも思ってる。

 

前線からもハードワークを求めるし、強度ある相手だったんで、

 

シュートシーンに至る場面が、奪ってからのショートカウンター気味になる事が多かった。

 

プレーの連続性の中で、最後のフィニッシュの部分で余力が足りなかったってのも感じている。

 

余力がない→余裕がなくなる→精度が落ちる。

 

こんなイメージだ。

 

シュート場面が増える練習をするという事は、シュートを防ぐ場面も同じように増える。

 

大事な局面での攻防が増える事で、練習の雰囲気に緊張感があるのかもしれない。

 

当たり前にスライディングして身体を張ってるし、そこを求めずとも自然とできる雰囲気になってきた。

 

練習終わりに細かいところはあんまり言わない。

 

大体が、姿勢の部分だったりするんだが、今日も「この雰囲気を継続しよう」って事を話した。

 

日常の練習の良し悪しと、週末のゲームはリンクする事が多い。

 

つい数ヶ月前までは、リンクしない事が多かったけど。。。

 

雰囲気やら姿勢次第で、パフォーマンスにばらつきがあるのが小学生。

 

そのばらつきをいかになくすかは、やっぱり日常の練習の積み重ねにかかってると思う。

 

充実してる時は子ども達の表情もいい。

 

厳しい環境の中で見せる充実した表情。

 

練習の充実度を感じるためのバロメーターだ。

 

この表情を継続して見れるように頑張らないとな!!

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ご案内
ソレッソ宮崎ジュニアユース体験練習会
×
ご案内
ソレッソ宮崎体験練習会の案内設置
×
ご案内
ソレッソ鹿児島ジュニアユース体験会
×