子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

成長の委託



全日もベスト16が出揃った。

残っているチームを見ると、全てクラブチーム。

大会に出場しているチームを見ても、部活動のチームは数チームになっている。

俺らの時代は、ほとんどが部活動チーム。

クラブチームは、おそらくブレイズ、YMCAくらいだった。

クラブチームが増え始めたのは、俺の5つくらい下の年代からかな。

今では、熊本の勢力図はすっかり変わり、グラブチームが優勝争いをしている。

部活動チームもあれば、クラブチームもあり、サッカースクールもある。

熊本のサッカー環境もすっかり変わった。

クラブチーム、スクールが増え、子ども達はより専門的な指導を受けれるようになった。

そのおかげで、俺らの頃より上手い選手は確実に多い。

それぞれが、目標・目的を持ってクラブを選び、クラブはその子達を責任もって育てる。

子ども達は、そのクラブの色に染められ、ある程度は上手い選手に成長する。

ただ、そこからプロになるには、自分自身の努力が必要だ。

プロになるために、より良い環境に身を置きたい。

自然な発想。

クラブで足りないところを別のスクールで補う。

これもまた自然な発想。

環境が育ててくれる事に間違いはないと思うが、そこに「成長の委託」の感覚があってはいけないと思う。

自分も大学までサッカーに真剣に取り組んで来たが、振り返って自身の成長を考えると、

課題を見つけ努力したり、辛いときにもう一踏ん張りして乗り越えたり・・・

そんな時だったように思う。

そう思わせてくれる環境があった事が大きいのも間違いない。

環境に「成長の委託」をするのではなく、より良い環境を自分の成長のためにきちんと選択する事が必要だ。

どのクラブに行けばプロになれる?

どのスクールに行けば上手くなれる?

そんな答えはない。

自分に合ったクラブ・スクールで最大限自身が努力すること。

「成長の委託」をしてはいけない。。。

委託してたら、環境に潰される。。。

やらされるな!やれ!

って事だな!!



小さな町からJリーガーが生まれるんだ。

本人の努力に勝るものはない。

本人の努力が絶対要素。

環境は、必要要素。。。

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31