子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

想い



ジュニアユース7期生お疲れさま。

例年だが、ジュニアユースの試合を見ることはなかなかない。

先日、トリニータとのリーグ戦を見たくらいかな。

負けられないプレッシャーの中で、全員が持てる力を出しきり、闘ってる姿がすごく印象に残っている。

最後になったアビスパ戦。

ラインで途中経過を聞いてたが、0対3になった時点で厳しいなと思ってた。

そこから、ラインがくるたびに1点、また1点。

惜しくも届かなかったが、最後まで諦めなかった姿が想像できる。

試合後しばらくして、龍に電話をした。

ゆっくりしたいだろうから、かけたくはなかったが、翌日のバスの件があったんで。

とりあえず、「お疲れ」と言い少しゲームの話をしたが、

「大丈夫です。もう切り替えてるんで。」と明るい声。

いつもよりテンション高めだったのが、余計に気にかかった。

相当悔しかったんだろう。

こいつスゲーなって純粋に思った。

龍が真剣に子どもたちと向き合ってる姿は知っている。

映像見ながら、ブツブツ言うのも、いつも紙の切れ端にグチャグチャ書いてるのも、、、。

サッカーにかけてる時間は人一倍だ。

勝てなくて悩んでた時も、ずーっと色んな事考えてたんだろう。

龍には龍なりの想いってのがある。

龍を支えてたじゅんぺい、しげき、キヨ。

それぞれ色んな想いがあるだろう。

先日、ある子のラインの待受?みたいなのを見せてもらった。

そこにはツラツラと最後の大会に向けた想いが書き綴られていた。

思わずジーンときた。

子ども達それぞれも色んな想いをもってる。

改めて感じた。

想いを形にする集大成が公式戦。

試合に出るっていう責任感もあるし、出れずに支える気持ちってのもある。

色んな想いが一つの方向を向いた時、見る人に感動を与えてくれるんだろう。

勝ち負けは勝負なんで分からない。

ただ、想いを一つにってのが大事なんだろうな。

中学スタッフのみんな、そして7期生の子ども達、本当にお疲れさま!!



6年生は、公式戦の真っ只中。

想いを一つに優勝を目指すのは当たり前。

その力をパワフルに公式戦の舞台を楽しもうぜ!!

そして、全員で全国の舞台を掴み取ろう。

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31