子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

当たり前じゃない




今日も仕事終わりで熊本へ









いやーホントに刺激だらけの環境









着いてすぐ三角コーチから









「あ!おった!」って言われて試合に混ぜてもらい









一緒に動きながら相変わらず熊本の子供達の









状況を判断する力・狭い部分で脱出する力・パス&ムーブの質









など









本当にレベルの高い集団だなーとつくづく感じ









かといって、新中1を担当する自分としては当たり前のことだが









「絶対負けないぞ」って心では叫んでいた









心は熱くなり燃え上がっていたんだが









身体の方はというと









しっかり20分間の狭いピッチでのゲーム中に悲鳴をあげていた笑









少年のトレーニングが終わり









待ってました中学のトレーニング









基本的に龍コーチが自分もトレーニング混ぜてくれているんだが









相変わらず体が重たい重たい笑









今日に限ってはスタッフ全員から「下手くそ」とか「太り過ぎ」とか言われてしまった気がする笑









来週もお邪魔するつもりなので、しっかりコンディション整えて来ます!笑









そんで肝心なトレーニングの方はと言うと









やっぱり現段階で鹿児島の子供達に足りないのは









「イメージする力」





「自分達主体でプレーする積極性」









今日はここをすごく感じた









もちろん熊本の子供達も、最初から膨大なイメージを膨らませてプレーできていた訳では無いだろうし









自分達で考えてプレーするのではなく









コーチ達からヒントをもらって、ときにはいろんなバリエーションを与えてもらって









今の想像力が身についている部分もあると思う









今日のトレーニングの中でも、やはり練習の中で子供達自身が改善しようとする姿勢が見られて









自分なりの答えを見つけようともがいている必死な姿を見ていると









ただ闇雲に頑張るんじゃなくて、しっかり頭で考えて成長しようとしているんだなと感じ









やっぱりそういう選手を見ているとシンプルに応援したくなりましたね









鹿児島は現6年生が1期生









先輩もいない、歴史もない中で様々な不安もあるだろうが









ソレッソを選んでくれたっていうところに改めて感謝するのと同時に









自分が真っ直ぐ前を向いて、どんどん成長していかないと子供達も着いてこないだろうなと









改めて気を引き締めて日頃のトレーニングに励まなければと思ったな









今日は東日本大震災から10年









今はコロナという終わりの見えないウイルスで全世界が様々な影響を受けているが









自分達がサッカーをできる環境に喜びを感じるのは10年前も今も同じ









ただ、様々な出来事が起こり、その都度









「好きなサッカーを思う存分できることに感謝できる人間性」









っていう部分に関してはアップデートしていかないといけないな









サッカーもそうだし人間としても









いろんな刺激をもらって、子供達と共に常に成長だな


ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930