子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

遠征振り返り




56日の遠征も無事に終了













振り返ってざっくりな感想は「充実」してたなと









それは、量と質があり









寝食を共にする遠征でしか経験できないもの故のことで









まずピッチ外で言うなら









荷物や、掃除・時間など全てにおいての自己管理









ピッチ外とピッチ内は繋がってるということ









気が効く子は、やはりそうだし













話を聞いてる子は、やはりそうだし













そういう部分からしっかりしていこうとも、実際の光景を前に話ができてよかった













今回の6日間









前半の3日間はTRM









後半の3日間はNB予選会













Vはせいじさんが見て、FGJは私が強化









なんと言っても、ファナティコスとの試合が強烈で













色んな基準になったり、参考になったり、またこの子達の可能性を感じることもできました









とにかく、激しくアグレッシブにいこうと取り組んだ前半3日間









技術的な部分の追求はもちろんだけど、どこまでタフに連続してやれるか













声を出す、体を張る、攻守に迫力をもつ









1日目は、全くでしたが、言い続け求め続けると、明らかに変化がみえ始めた子もいて













2日目、3日目とその姿は増え始め









まだまだ、やらされている感もあるけど、自発的に取り組む子も少し増え始めていました













そして迎えた予選会













初日、会場がそれぞれだったので、Gはりゅうまにお願いし、FとJをこーさくと見て













その中で初日の2試合













Fの子達が素晴らしい試合をしてくれて









それは前半3日間に取り組んでたことで









振り切れてやれていたのかなと













この日から見た、こーさくもそこの評価をしてくれて









Jの子達も含めて、良かったとこはしっかり評価して













習慣にすることの重要性も伝えました













そして2日目、3日目と期待してはいましたが









、、、そう甘くはなかったですね笑













疲れの蓄積なのか









時間の経過と共に体の動きにキレもなく













一歩目が出なかったり、強度が上がらなかったり









タフすぎる試合を重ねていたので、疲労が溜まっていたのだろう









そこを理解した上でも、そこからどれだけできるか









明らかに落ちていたので、タフさでいうとまだまだだろうし、これが現時点での力













ただ、予選1日目のあの試合ができたことは本当に収穫だったなと













GとJに関しても同じで、どれだけやれるか、やろうとするか









Gの子達の試合は最終日に見れたし、Jの子達の試合はある程度見れた









1人1人の今の力がどれくらいかわかることもできました









土台の上に、技術がのる









Vに関しても、疲労があり体が動かない日もあったみたいだけど、最終日の最終試合でああいう試合ができることは底力がある証拠









ここにどれだけ、割って入れる子がいるか









刺激的な競争は常にあります









高みを目指して貪欲に頑張ってもらいたいな









※2名ほど風呂に入っていませんが笑









5泊6日の遠征は最高すぎました^_^









また、今週から頑張っていこう


ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930