子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

アバター画像

野球



今日の全国的ニュースはこれでしょうか、、

「プロ野球ドラフト会議」

夕方からテレビでやっていて
今年甲子園を沸かせたドラフト注目の清宮選手や中村選手

大学生に社会人も緊張の一瞬でしたね

それにしても毎回感じることですが、プロへの進路の部分がサッカーと異なり不思議でもあり面白くもあり
意図があってのことなのでしょうが、まとめると、、凄い世界ですね〜

これからもスポーツ会、野球界を盛り上げてくれると子ども達も夢を持てていいな

私も小さい頃は周りの環境は野球一色

親父が野球専門で、親父の兄貴は甲子園優勝メンバー

その影響で兄貴も当然野球に没頭し

その流れで試合会場に連れてかれ

当然のように空き時間はバットやグローブを渡されてました

ある日には藤崎台野球場に巨人の試合を見にいき

当時のスター、原辰徳選手や篠塚選手と記念写真までとったこともありました

その流れからいくと自然と野球にハマり野球部に入るかと思われましたが

何故か野球をやろうという気になりませんでした
それは同学年の友達がサッカー好きで友達と遊ぶ時はいつもサッカー
よって野球をやる時は

「おっ!野球に積極的だな〜!いい選手になれるように頑張れよ!」って思われたらいかんと子どもながらに考え
ボールが転がってきたらトンネルしてみたり、フライがあがれば落下点間違えたりと
「野球にはむいてないな」と思われるような行動ばかりしてました笑

今では恥ずかしいかぎりです(^_^;)

けどそれぐらい野球ではなくサッカーをやりたい気持ちが強かったんです
最終的には

「お前が好きなサッカーを一生懸命頑張れ」と言ってくれた両親に感謝です
野球やっていたらどうなっていたのかな?肩弱いからな〜

今日の練習
ラストのゲームで1人の子がうまくいかず、また負けそうになって目に涙を浮かべプレーしてた
気持ちの中身はすぐに予想がつきました
「負けたくないから」

大事ですが、メンタルが崩れてはもともこもありません
リバウンドメンタリティの心得ですね!

最後にみんなを集め
負けて悔しくても泣いたりボロボロになるな。たくましくなれとその子に一言
周りのみんなには
けど、これくらい気持ち持ってプレーできてる子がはたして何人いるのかと問いました
まだまだこれから先が長〜い子達
当たり前にもっていて欲しい心も

技術もしっかり鍛えていきたいなと思えた今日の練習でした