子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

アバター画像

リーグなり




今日は久しぶりのチェストリーグ









九州大会が終わって、試合の延期やオフがあり





なんか久しぶりの試合













心配事は尽きないが、





試合の前に80分ゲームの主審をしなきゃいけないのが今日の1番の心配事





ホントはソレッソ名誉審判会長のゴトーくんを審判要員で連れてこようとしてたけど





4・5年生の試合が急遽入ったことで、セトグチ(40歳オーバー)が審判をすることに。





キツイけど、自分が審判することで試合を経験できてるカテゴリーがあるのなら、おじさん80分(もれなくOS-1)頑張りますよ(笑)













何回か審判したことあるけど、





それぞれのチームの特徴や試合のやり方がジュニアよりも見えやすくて





サッカーって面白いなぁと感じれるのはいいんだけど、





ただやっぱ体には大きな疲労が残るので





審判の後の試合はノンストレスでお願いしますと思っていたものの





我がチームの試合は最初の20分間は実に微妙





しかし、今日は暑さがすんごいと言うことで、3分間のクーリングブレイクが採用されていたことを把握していたので





言うならばハーフタイムが3回あるって感覚で





落ち着いて采配できました









最初の20分はどうせグダるだろうと予想してたのが大当たり。





この子たちのことがなんか少しずつわかってきたぞ。





やはり、信じすぎるのは良くない(笑)









クーリングブレイクで厳しい言葉で修正して





ハーフタイムでもキッツイ言葉で修正して





後半はトレーニングの取り組みを表現できた場面も多かったかなと思います。









もうちょっと共通理解を深めたいのと、フィニッシュにもこだわりたいという願いはあるけども





ケガから復帰の選手がいたり





いつもと違うポジションを試せたことなど





ポジティブな要素も多く良かったと思います





特に、初めてリーグ戦に招集した選手が問題なくプレーできていたのは





日常のトレーニングでしっかり意識してできていれば、本番でもできるんだよ





って証明や自信につながったと思う





やはり日常が全てである。













来年のために





2部昇格!って目標だけならまだプレッシャーは少ないのかもしれないけど





この3年生のガチンコの舞台を整えるためには3部では優勝するしか道はない





なかなか険しい道のりではあるが、やってやれない事ではないと思う





県大会の舞台を経験するのが目標ではなく





そこを突破して九州、全国までいくんだ!!





って





それを本気で目指すのが数人なのかチーム全員なのかで





目標が達成できた場合も、そうじゃない場合も





取り組みの濃さって違ってくると思う













今日も、プレーだけじゃなく、準備や片づけなんかのオフ部分もまだまだマダガスカルである。





勝負の神様は細部に宿る。





熱い夏はこれからだけど、3年生と過ごせる期間も長くはない





1日1日を大切にしたいな。










ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2024年7月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ご案内
プレトレ案内
×