子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

俺の想い



最近ブログを書いてて気づいたことがあります。

 

 

 

えええそれは、、、

 

 

 

 

 

 

俺がどんなに頑張って書いたブログでも、【~速報】という題のブログが閲覧数が増えるということがわかりました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、毎日なにかしらの【~速報】という題のブログを書けばいいんちゃうか~と思っているところです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うー--ん、、今日は題を付けるとするなら~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【瀬戸口さん今日のため息多め速報】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、会うたびにおはようの挨拶ばりに、「悔しいわ~」「はぁ~」という声を漏らしていた、瀬戸口さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、当たり前ですよね。。

 

 

 

 

 

昨日の試合は、鹿児島県のルール上、自分と中原さんはベンチに入ることができないので、2試合とも遠くから観戦。

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

なんとも複雑な心境で、ゲームを見させてもらった。

 

 

 

 

瀬戸口さんのブログにも書いてあった通り、いま現状持っている力は全部出しきったゲームだったのではないだろうか。

大会前にも関わらず、なかなか状態が上がってこない子ども達に、毎日悩まされていた瀬戸口さん(笑)

 

 

 

 

 

しかし、試合に出場して、大会でしか味わえない独特なあの雰囲気でプレーすることで、成長することができたのではないかと思う。

 

現に、大会期間中に瀬戸口さんと話したのだが、「あいつ変わったよな~」「こいつなんか吹っ切れたよな~」っていう、話をしていた。

やっぱり、練習や練習試合では経験できないことを、大会を通して感じて、多くの選手に変化が見られたことは、チームとしても個人としてもプラスになったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

今回、出場時間が短かく、悔しい思いをした選手もいると思う。

 

 

けどね、それを言い訳に投げやりになったりもういいやって思ってしまったら、それまでの選手だったってことだよ。

 

 

 

現に、自分も小学6年の時にソレッソに入ったけど、ベンチで過ごす時間が長かった。

 

試合に出れない気持ちはすごくわかる。

 

 

けどね、諦めたら終わりよ。

 

 

試合に出てる選手と同じ時間のトレーニング時間でも、追いつけないし差はつけれない。

 

 

なら、そいつらが休んでるときにボールに触ったり、走ったり、、、みんなが見えないところで、差をつけるしかないんだよ。

 

 

 

 

そうやって、俺も中学になって、少しずつ試合に絡めるようになってきた。

 

 

 

 

それでも、中学になってから。。

 

 

 

なにが言いたいかって、すぐには結果はでないかもしれないってこと。

 

 

けど、チャンスはいつかくる。そのチャンスをつかむために見えない努力することが大切!

 

 

 

 

 

 

努力が報われないこともある。努力しても試合に出れないかもしれない。

 

けど、努力をしないとチャンスを掴む機会もない。

 

なら、やるしかないやん。

 

 

 

 

 

 

 

今回、鹿児島では初めて2チーム大会にエントリーした。

今回Vだったから、次もVという保証は全くない。逆に今回Fだったから絶対つぎもFなんてことも絶対ない。

 

 

 

 

 

 

 

有難いことに、鹿児島も各学年ひとりずつ担当コーチがいて、選手の少しの変化に気付ける環境を整えて貰っている。

 

 

 

 

 

だからこそ、本気で子どもたちと向き合うし、本気で日本一を目指している。

 

 

 

 

 

 

 

また明日から競争だよ~

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031