子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ



U-14熊本県クラブユースが閉幕。

 

自分が担当した大会は準決勝で負けたことがなくて

 

今回初めての経験となった。

 

 

正直、アディショナルタイムのコーナーの失点後から

 

頭の中が真っ白に。

 

高円宮杯の敗戦後も空っぽになってたんだが。

 

それ以上に、なぜか何も考えれなくなった。

 

 

シルバーコレクターとジュニア時代から言われた学年

 

新しい仲間も加わってのU13は県で準優勝、九州大会でも準優勝

 

優勝経験が少ない学年を自分が3月下旬あたりから見始めたのかな。

 

その時最初の練習で伝えた言葉が

 

『U-14県大会で頂点に立ってみよう。必ずそこまで導くから』

 

っと。

 

数名の選手には、ここが変わらないとって言う話を幾度となくしてきた

 

もちろん変わった選手もいたし、変わった選手の今回のパフォーマンスは明らかに良かった。

 

変わらなかった選手は、やはり大会を通じて満足いくパフォーマンスは出せてなかったんじゃないかな。

 

自分頑張ってます!ってのはあくまでも自己評価に過ぎない。

みんな、頑張ってるからね。。。

 

 

洗練されたトレーニングメニューも

反復したトレーニングメニューも

形を重視したトレーニングメニューも

 

これらのトレーニングは全て大事なんだが、、、

 

 

今回改めて思ったのは

 

『心』を鍛えるってのが

 

1番難しくて、1番大事なことであるなと。

 

 

心って一般的に言われるのはハートが強いとか弱いとか

 

ノミの心臓とか

 

でも、その心を動かすものは「脳」であることは間違いない。

 

ここの脳に自分はアプローチできなかったかなと。

 

 

今回、試合の内容は決して悪かったわけではない。

 

サッカーだけを考えたら約10ヶ月積み上げてきたものは、彼らなりにかなり成長した姿を見せてくれていたと思う。

 

だから、負けを受け入れれない俺がいたんかな。

 

でも、どことなく〜不安というか

 

『心と心』が合致しなかった部分もある。

 

いつもの勝負強さというか運の強さも今回離れていた気がするし、選手達を勝てるマインドに持っていけなかった自分がいた。

 

躍動させたい気持ちよりも

勝たせたい気持ち、勝ちたい欲が俺自身出まくっていたのかもしれん。

 

もう、シルバーコレクターとはお別れだ!って言い続けてきたからね〜

 

 

申し訳ない気持ちと歯がゆい気持ちと。

 

 

もっと、強気にならんかい!!!!

 

って気持ち。

 

 

でも、決勝の審判をして思ったのは

 

FCK天草は今大会優勝に値するチームで、選手たちだったかなと。

 

体が小さい選手も全身で戦っていたし、何がなんでも守ってやる!

 

どうにかして点を取ってやる!

 

って気持ちがウチの選手とは大きな違いだった。

 

 

今回の敗戦から1人でも多く意識改革ができるといいけどな。

 

 

ひとまず、約10ヶ月携われたことに感謝!

 

ありがとう!

 

 

さっ!

 

 

 

 

龍さんの腕の見せ所でっせ!!!!

 

 



 

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31