子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

原点にして頂点



6年生の学童が終わって数日

 

 

学童期間Vの子達をちゃんと見たのは

 

 

この前の土曜日

 

 

サンズ戦、ヴァンクール戦

 

 

頑張ってやってくる相手に対して

 

 

力を発揮出来なかった

 

 

何が正解だと、何が間違ってるかとかは無く

 

 

配置とか、戦術とかも含めて

 

 

恐らく、シンプルに心構えとか気持ち的なものの問題だったのかなぁ〜と

 

 

やっぱり、Gの時にも言ったように

 

 

全力でやり切ったなぁ〜って終われる試合

 

 

ましては、負けた時は凄く悔いが残るものだと思う

 

 

本当に悔いが残るようなことはあって欲しくないし

 

 

そういうことが起きないようにもっと日常に変化、刺激を入れていかないといけない

 

 

次ある6年生の公式戦は全少

 

 

6年生の1番大きな大会

 

 

ここで、新人、学童の時とは成長した姿を見せられるようにこれから頑張んないとな

 

 

まだ、1番に勝ちたいが出ているのはミスさんだ

 

 

それを超えるぐらい自分達で普段から向上心持ってだな!

 

 

そんな学童が終わって次の日

 

 

高学年は全てお休み

 

 

そんな中、キッズの活動があったため

 

 

それに参加



午前中は2年生の紅白戦

 

 

午後からは幼児、1年生のTRM

 

 

キッズの子達を見て凄く感じたこと

 

 

上手いとか身体能力が高いとかサッカー的なことは置いといて

 

 

みんな元気に楽しく

 

 

点を取ったら喜ぶ

 

 

ボールを取られたら目の色変えて奪い返しに行く

 

 

味方が呼んでいるのにパスを出さずに自分でドリブルしてシュートまでいったり。笑

 

 

もちろん、ファウルもらって泣いたりする子もいる。笑

 

 

カテゴリーによって変化していくものなんだろうが

 

 

やっぱり、こういう一面がサッカーの本質なのかな〜

 

 

かと言って、高学年にこれを目指せってわけにはならないけどね笑

 

 

好きなことは、楽しく全力でやらないとな

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930