子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

運とは



サッカーの指導者をはじめて15年目

 

 

たくさんの公式戦を経験し

 

 

その度に歓喜、悲劇を経験してきた

 

 

その中には“運が良かった”、“運が悪かった”と言わざるを得ないような試合も多々あった

 

 

『運も実力のうち』これはきっと正しいと思う

 

 

と同時に『運ってなんだよ』とも思う

 

 

サッカーは自分のコントロールが及ばないことが間違いなくある

 

 

相手の戦術、審判、気候、グラウンド、会場の雰囲気・・・

 

 

そして、これらの自分の力ではコントロールできないところが結果を大きく左右する時がある

 

 

そんな時にそれらを“運”とまとめようとする

 

 

 

 

 

今日は全日の準々決勝、準決勝の日

 

 

ベンチに入って一緒に戦ったが残念ながら準々決勝で敗退してしまった

 

 

前半の彼らの動き、ハーフタイムの表情を見ていると

 

 

大丈夫!絶対大丈夫!って思っていたが

 

 

攻めど攻めど点が入らず、数回あった相手の流れの時に失点してしまい

 

 

悔しい敗戦となってしまった

 

 

週末の活動を見ることはほとんどないけど

 

 

平日の練習はどのカテゴリよりも良い雰囲気で

 

 

いつも汗びっしょりになってトレーニングしていたし

 

 

サッカー対して真摯にひたむきに取り組んでいたと思う

 

 

彼らのこの大会に掛ける思いはどのチームよりも強かったと思う

 

 

だからこそ勝ってほしかったが、今日は運に見放された日だったように思う

 

 

試合が終わった後に泣き崩れる姿

 

 

家族に対して感謝の気持ちを伝えている姿は胸を打つものがある

 

 

この大会に掛けていたのは保護者も一緒で

 

 

時間、労力、思い、お金・・・色々なものを掛けてここまで来たと思う

 

 

それはどのチームにも負けていないと思う

 

 

だからこそ勝ってほしかった

 

 

神様がいるなら聞きたい

 

 

何が勝敗を分けるポイントだったのか

 

 

何が足りなかったのかを・・・

 

 

 

 

でも・・・『運も実力のうち』って思った方がいい

 

 

この言葉は負けた彼らにはあまりにも残酷すぎるかもしれないが、そう思った方が良いと思う

 

 

負けを認めるのは辛いし悔しいけど、自分にフォーカスしないと成長はない

 

 

今日の試合を観ていて以前よりもうまくなったと思うし

 

 

目指している方向性や、これまでやってきたことも間違いないから自信を持っていい

 

 

ただ、何が足りなかったかを分析し

 

 

次への原動力にしないとこの敗戦は意味を成さない

 

 

この経験が自分を成長させるひとつのきっかけだった

 

 

神様から与えられた試練だって思えるように

 

 

自分にベクトルを向けて次へ向けて進んでほしい

 

 

それをできるパーソナリティを兼ね備えている子が多いのが6年生だと思う

 

 

終わりは次への始まり

 

 

次を見て進んでいってほしい

 

 

まだまだ、伸び代しかない6年生

 

 

”運”なんかを超越した強さを身につけて最後の公式戦に挑んでほしい

 

 

頑張れ!

ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2023年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ご案内
ソレッソ熊本ジュニアユース体験練習会
×
ご案内
キッススクール展開
×
ご案内
プレトレ案内
×