子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

子供たちの“本物の笑顔”がたくさん見れるチームに!ソレッソ熊本 サッカークラブ

BLOGブログ

みすみコーチ

ライバル

ブログを書き始める時、ネタ切れしたときに書きたいなーと思っていることがいくつかありました。


一つは、昨日の「勉強とサッカーの両立」について。


今日は、書きたかった一つ、「ライバルの存在」について書きたいと思います。


僕が、勝手にライバルと思っているだけですが・・・。


それは、中学校の同級生です。彼は、現在某Jクラブでコーチとして働いています。サッカーに対する情熱は凄く、中学生のころに、何故か右利きを左利きに矯正すると言って、左足の練習を始めました。理由はよくわかりませんが(笑)、左利きになることに自分なりに可能性を感じたんでしょう。それから、毎日左足のキックに明け暮れ、字を書くこと、日常生活で手を使うことも左手でやっていました。そして、高校サッカーで雑誌で紹介されるようになると、左利きのテクニシャンが代名詞になっていきました。そう、左利きになったんです。


勉強についても、海外で将来サッカーするからと英語だけはトップクラスの成績を維持。読めもしない、英語雑誌をひたすら読んでいました。


怪我でサッカーできない時は、真夏のくそ暑い中、動けないから暑さに負けるといって、サウナスーツを着て車の中で汗びっしょりになり、サッカーができる時は、朝練から始まり、昼休みは、わざわざ着替えてサッカー、部活の練習後には、公園で自主練。本当にサッカーに賭けていました。


それに引っ張られるように、僕も一緒に、練習に明け暮れたのを思い出します。


彼も、僕も、もちろん夢はサッカー選手になることでした。彼は、見事夢を実現させ、高校卒業後プロ入り、僕も遠回りを選択しましたが、同じようにプロになる夢を追いかけました。


どこかで、あいつがなれるなら、俺も絶対なってやると思ってましたが、結局プロにはなれませんでした。


けど、彼のおかげでプロになるという夢を近いものに感じ、可能性を追いかけることができました。


それから、彼は現役を引退。今度は、指導者の道を進みます。僕も同じく、指導者としてサッカーに関わることになりました。


指導者として、成績を出すことだけが素晴らしい指導者とは言えませんが、彼は昨年監督として「日本一」になりました。


常に、僕の先を進んでくれます。彼の背中を追っかけているわけではありませんが、やっぱり「日本一」になる目標はずっと持ち続けたい、そして、今は、彼に認められる指導者になりたいと思っています。


ライバルの存在は、貴重です。


もちろん、自分の目標をしっかり立て、小さなことを積み重ねていくことが大切ですが、主観だけで自分を捉えようとすると周りが見えなくなって、嫌になったり、投げ出したくなったりすることもあります。


困った時、落ち込んだ時に、ライバルの存在が、自分を客観的に見つめなおすきっかけになり、自分をjもう一度、奮い立たせ、助けてくれる存在になります。


子どもたちは、たくさんの仲間に囲まれてサッカーをしています。いい関係を築きながらも、どこかでライバル心を持って競争して欲しいものです。




ブログカテゴリー

コーチ

新着記事

月別アーカイブ

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930